大森でスマホ首と坐骨神経痛の根本改善を目指すなら

さくら整骨院

〒143-0023
東京都大田区山王3丁目23-4(大森駅西口から徒歩8分)

お気軽にお問合せください
受付時間:平日9:00~19:00 水曜・土曜9:00~13:00
定休日 :日曜・祝日(祝日は不定期診療あり)

お問合せ・ご予約はこちらへ

03-3772-8787

ヘルニアも後弯ネックも治せません

病名と症状はイコールではありません

「○○なんですけど、治りますか?」

さくら整骨院の竹井です。

お問い合わせで非常に多い言葉です。

「頸椎ヘルニアなんですけど、治りますか?」

「脊柱管狭窄は治せますか?」

めっちゃくちゃストレートな返答をするならば、僕の答えは「治せません」になります。ただし、続く言葉は

「でも、痛みや不調なら根本的に改善させますよ。」

今回はこの意味を説明していきます。

 

「治る」ってどういうこと?

例を挙げると、以前僕が施術していたクライアントさんです。お預かりしたMRI写真には、非常に高度な背骨の変形が写っていました。外見からも分かるレベルの変形性脊椎症。痛みも強く、ブロック注射を4回打っても変化なく、毎日の生活に苦労されていました。

多少の期間はかかりましたが、結果としてこの方の痛みは「ゼロ」にすることができました。全く痛くない状態です。趣味の水泳も復活され、今では数カ月に一度、メンテナンスを兼ねてご来院される程度です。

実際に撮らないと確証は持てませんが、いまこの方のMRIを撮影しても、背骨の変形は1ミリも変わっていないと思います(外見からも明らかです)。

つまり「物理的には治っていない」けど「症状的には治った」ということです。

 

病名にとらわれ過ぎた結果…。
当たり前ですが、施術で変形は治せません。また、ヘルニアも(発生後15年前後でマクロファージ細胞に浸食されて消える、と言われますが)施術で引っ込ませることもできません。

にも関わらず、痛みや不調を施術によって改善できる。ここを深く考えたことがある人は少ないのですが、重要な意味を持っています。つまり、

「あなたの症状は、変形やヘルニアで痛みが発生している訳ではない」

ということです(もちろん例外もありますが、そのような方はそもそも病院の治療で治っています)。

大事なのは病気そのものではなく、「なぜ、そのような状態に陥ったのか」を探っていくこと。そこに、ヘルニアや変形以前の根本的な問題が隠されているからです。

 

名称は問題ではない
 

先日、「ストレートネックではなくて後弯ネックなんですが、取り扱っていますか?」というご連絡をいただきました。

正直、「後弯ネック」という呼称も初めて聞きました。正式な病名ではなく俗称でしょうが、首の生理的前弯(前に軽く反る)が弱まったのが「ストレートネック」なら、さらに逆転したのが「後弯ネック」といったところでしょうか?

答えは同じです。「後弯ネック」という名称では取り扱ったことが無いけど、お身体のエラーが起きて結果として症状に繋がっているなら、同じことです。重要なのは名称ではなく、そこに何が起きているかを見極めること。

だから、僕は胸を張ってこう伝えています。

「その病名は治せません。でも今の症状なら治せますよ」

お問合せ・ご相談はこちら

予約制になります

お電話でのお問合せはこちら

03-3772-8787

営業時間:9:00〜19:00

水曜・土曜:9:00~13:00
休業日:曜・祝日

お問合せ・ご予約

お電話でのお問合せはこちら

03-3772-8787

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

LINE予約できます!

LINEなら24時間ご予約オファーが可能です。上記のバナーから5秒で友だち追加!
お得な情報も毎週配信しています。
ただ今、「スマホ首7ステップ改善法」を無料プレゼント中!

INFORMATION

2021/10/01
10月の時間変更

10月の変更はありません。
2021/10/14
ブログを更新しました。
2021/10/7
ブログを更新しました。

院長ごあいさつ

竹井 大介

これまでの常識とは違う理論と施術で、スマホ首や坐骨神経痛、慢性的な痛みの根本改善を目指します。お気軽にご相談ください。

アクセス・受付時間

住所

〒143-0023
東京都大田区山王3丁目23-4

アクセス

大森駅西口から徒歩8分

受付時間
 
午前 ×
午後 × × ×

平日9:00~19:00 
水曜・土曜9:00~13:00

定休日

日曜・祝日(祝日は不定期診療あり)