大森・大井で首痛・スマホ首・姿勢改善なら

〒143-0023
東京都大田区山王3丁目23-4(大森駅西口から徒歩8分)

お気軽にお問合せください
受付時間:平日9:00~19:00 水曜・土曜9:00~13:00
定休日 :日曜・祝日(祝日は不定期診療あり)

お問合せ・ご予約はこちらへ

03-3772-8787

ねこぜが姿勢強化で改善しない理由

ねこぜの本当の原因は?

「ねこぜだから姿勢を正している」は…。

ねこぜに悩んでいる方は大勢いらっしゃいます。

姿勢自体の問題もありますし、痛みや不調に陥りやすくもあります。

そして、大抵の方がまず、ねこぜに対策する方法が「普段から姿勢を正して気をつける」ということ。

しかし、これで良くなったという人を僕は見たことがありません。

正直、無駄なのでやめた方がいいと思います。

では、何故ねこぜが起きるのでしょうか?

 

背骨は身体のどこにある?

ねこぜというと、一般的には「背骨が丸まっている状態」です。

なぜ「一般的」かというと、実際には「背骨が原因で」ねこぜになるわけではないからです。

ねこぜの方に「いつからねこぜですか?」と聞くと、比較的「小さい頃からです」とおっしゃる方が多いです。

では、小さい頃から背骨が曲がっている、背骨に異常があるということでしょうか?

子供の骨は柔らかいものです。簡単に丸まった姿勢で固定されたりはしません。

にも関わらず、「ねこぜ=背骨」というイメージが強いのは、一般的な考えとして「背骨が身体の真ん中にあるから」というイメージの擦り込みがあるからです。

しかし、側面から見れば一目瞭然ですが、脊柱があるのは「身体の後方」です。真ん中ではありません。

したがって、背骨に加えて、前側にも身体を支えるものが必要になっているのです。

 

ねこぜを正したければ…。

身体の前側にあって、支えになるようなものは何でしょうか?

答えは「筋肉」です。

腹筋、背筋、骨盤底筋群(骨盤を下から支える筋肉)、横隔膜などが、体幹を支える筋肉になります。これらの筋肉の緊張によって起きる圧力バランスを、一般的には「腹圧」と呼んだりします(医学的にはちょっと怪しいですが…)。

この筋肉のコントロール不全が長期にわたると、ねこぜ姿勢が構築され、「最終的に」背骨が丸まった姿勢でロックされます。

ですから、ねこぜの改善に対して必要なのは「姿勢強化」ではありません。まず身体を支える筋肉の改善が必要です。

普段から姿勢を正すのはやめて、体幹の筋肉に注目してみるようにしましょうね。

 

お問合せ・ご相談はこちら

予約制になります

お電話でのお問合せはこちら

03-3772-8787

営業時間:9:00〜19:00

水曜・土曜:9:00~13:00
休業日:日曜・祝日

お問合せ・ご予約

お電話でのお問合せはこちら

03-3772-8787

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

LINE予約できます!

LINEなら24時間ご予約オファーが可能です。上記のバナーから5秒で友だち追加!
お得な情報も毎週配信しています。
ただ今、「スマホ首7ステップ改善法」を無料プレゼント中!

INFORMATION

2022/6/01
7月のお休み
7月18日(月祝)12時まで予約可
7月26日(火)12時まで予約可
2022/6/2
ブログを更新しました。
2022/5/26
ブログを更新しました。

院長ごあいさつ

竹井 大介

姿勢に特化した最新の理論と施術で、どこに行っても改善しなかった首の症状を専門に扱っています。お気軽にご相談ください。

アクセス・受付時間

住所

〒143-0023
東京都大田区山王3丁目23-4

アクセス

大森駅西口から徒歩8分

受付時間
 
午前 ×
午後 × × ×

平日9:00~19:00 
水曜・土曜9:00~13:00

定休日

日曜・祝日(祝日は不定期診療あり)