大森・大井で首痛・スマホ首・姿勢改善なら

〒143-0023
東京都大田区山王3丁目23-4(大森駅西口から徒歩8分)

お気軽にお問合せください
受付時間:平日9:00~19:00 水曜・土曜9:00~13:00
定休日 :日曜・祝日(祝日は不定期診療あり)

お問合せ・ご予約はこちらへ

03-3772-8787

院長 竹井 大介 プロフィール

お気軽にご相談ください
 
肩書

さくら整骨院 院長

首の痛み・不調専門家

スマホ首・ストレートネック改善マイスター

ダイエットの達人

 

資格

柔道整復師
整体師

AKSテレ療法士(認定セラピスト)

カイロプラクター

NMTA公認プロレス式トレーニングインストラクター

 

生い立ち
  • 1974年12月30日 東京都練馬区生まれ
  • 5歳のとき、埼玉県朝霞市に転居
  • 小学校時代は「いじめられっ子」。読書や漫画を描くことが好きな大人しい子。中学ではテニス、高校ではウェイトトレーニングと徐々に運動が好きになる。
  • 大学時代は学業そっちのけでバンド活動に熱中。4年生の時、整体学校とのダブルスクールを経て、卒業後に墨田区の整骨院にて修行開始。
  • 専門学校卒業後、勤務先だった大田区で、知り合った妻と結婚。
  • さくら整骨院を開院してからは施術に関する知識・技術を学ぶ一方、ロックDJとしても活動し、また家庭では2人の男の子のお父さん。

 

経歴
  • 1996年4月 都内の整体学校1年コースを受講(大学とのダブルスクール)。
  • 1997年4月 杏林大学社会科学部社会科学科・整体専門学校ともに卒業。整体師・カイロプラクター免許を取得。同学校が経営する整骨院に社員(見習い)として入社、修行開始。
  • 2000年より徒手治療勉強会「めいりょう研修会」の主任講師をつとめる。
  • 2004年3月、日本医科学総合学院を卒業。主席にあたる「医学賞」を受賞。同月、柔道整復師国家試験にも合格、柔道整復師免許を取得。
  • 2006年5月 東京都中野区の「はつらは整骨院」にて院長をつとめる。
  • 2008年5月 東京都北区に「さくら整骨院」を開業。
  • 2011年5月 東日本大震災を機に、現在の大森に店舗移転。
  • その後も多数のセミナーや勉強会へ参加。現在に至る。
所属団体

治療院経営塾「加藤会」正会員

AKSテレ療法協会 会員

メディア掲載実績

健康雑誌「寿」において「温灸の効果(頭寒足熱)」について執筆
「あるく目的」2011年7月号にてさくら整骨院掲載

講演・セミナー開催実績

2000年~2004年にかけて、めいりょう研修会講師として登壇多数

【主な登壇セミナー内容】

・腰痛の鑑別・診断の基本的理解セミナー

・坐骨神経痛の鑑別・診断の基本的理解セミナー

・ひざ痛の鑑別・診断の基本的理解

・五十肩の鑑別・診断の基本的理解

・肩こりの鑑別・診断の基本的理解

・内臓体性反射テクニックセミナー

・O脚改善セミナー

・診断用サーモグラフィ・等高線画像セミナー

・ほかカイロプラクティック技術セミナー多数

・症例報告会50回以上

東京のほか札幌・仙台・名古屋・大阪・広島・山口・福岡・大分にて講演

さくら整骨院を知るための5つのエピソード

さくら整骨院を、僕(竹井大介)という人物を理解していただくために、5つのエピソードを用意しました。少し長いですが、良かったら読んでみてください。

一日に48人を「こなして」気がついた「治すための施術」

30代の頃、マーケティングを学ぶ目的で、ベンチャー企業を経営する社長が手がけた整骨院グループで働いていた頃のお話です。

その整骨院は、優れたマーケティング能力を駆使して、地域の方々から圧倒的に支持され、毎日大勢の患者さんで溢れていました。

あまりにも来院される方が多いため、ベッドを8台に増やしスタッフも増員しましたが、それでも追いつかないほどでした。

施術としては、まず電気治療。そして手技…言ってしまえば「マッサージもどき」を10分。

この整骨院の中で、外傷(怪我)の施術ができるのは僕だけだったため、必然的に僕はマッサージもどきの合間を縫って外傷の方も担当します。結果、院内で断トツの施術数をほこることになりました。

一番多く来院があった日に自分の施術数を数えてみると、48人でした。

それだけの方を施術して、僕は満足だったか?

答えは、ノーです。

「こんなの、こなしているだけだ。施術じゃない。」

それでも喜んでくれる方がいれば、それでもいいのかもしれません。

でも、僕にはその行為が「粗末なものですが」と謙遜しながら、本当に粗末なものを出しているように感じてしまったんです。

結局、そのグループに長く留まることはありませんでした。

「人の痛みや症状に正面から向き合い、きちんと治したい。」

そんな思いが、確固たる信念に変わったきっかけでもありました。

保険を捨てたひと言「ウソをつかなきゃいけないんですよね?」

僕はその言葉に対して、ハッキリと反論することができませんでした。今から数年前のことです。

長年、保険を取り扱う整骨院の先生として日々を過ごしてきました。どの地域でも必要とされる方々がいてくださり、それなりに充実していました。

しかし、心のどこかでは、ずっと引っかかっていたのです。

「自分がしていることは、本当に正しいことなのか」

整骨院における保険取扱と取り巻く現状についての詳細は割愛しますが、非常に曖昧な取り扱いをしている整骨院が多いのは事実です。恥ずかしながら、僕もその一人でした。「必要としてくれる人がいるから」という理由で、保険治療から逃れられなくなっていました。

また、保険の範囲で行う施術は、どうしても簡易的なものになりがちです。ちゃんと治せるような内容であれば良いのですが、日々の忙しさと「保険なら、こんなもんでしょ」という甘えに負け、雰囲気や人柄(も、もちろん大事です)だけに頼り、「その場しのぎ」の対応で済ませていたことは否めません。

その時に、息子の同級生のお父さんから言われたのが前述の言葉です。

僕は死ぬほど悔しかったです。死ぬほど情けなかったです。

それは、そう言った相手の方に対してではなく、何も言い返せずに愛想笑いでごまかすしかなかった自分に対してでした。

そこから僕は保険治療を捨て、イチから全てを勉強し直しました。

若い先生と一緒になって勉強会に通い、擦り切れるほど学習教材を熟読し、他の熱い仲間と一緒に練習会で汗を流し、知識と技術と経験を磨き直しました。

「今なら胸を張って”違いますよ”と言い返せる」

その誇りを取り戻すために。

あの言葉があって、今の僕があります。

あの時、ああ言って下さった同級生のお父さんに、深く感謝しています。

コロナ禍で分かった「自分の使命は首」

保険中心の整骨院から脱却し、痛みや不調を改善する専門家として走り始めてから間もなく。

コロナ禍がやってきました。

整骨院経営としても大なり小なりのダメージがありましたが、何とか乗り切ることができました。

そして同時に、コロナ禍は僕の使命ともいうべき「首」の痛みや不調と向き合うきっかけにもなりました。

それまでに身につけた技術・知識を掛け合わせて施術経験を積むうちに、僕の施術は、腰痛や坐骨神経痛よりも、ストレートネックやスマホ首といった首の痛み・症状の方が改善率が高かったのです。漠然と「あっ、首の施術の方が好きかも」と考えている頃に、コロナ禍がやってきました。そして、明らかにコロナ禍になってから、首周りに起因する痛みや症状を訴える方が増え、また症状も強くなってきたのです。

これは生活様式の変化、特にリモートワークの普及と、自粛生活によってスマートフォンやタブレットの使用時間が増えたことなどが主たる原因と考えています。

在宅勤務、ソーシャル・ディスタンスなどは、既に一時的な措置ではなく文化となりました。これからも、首周りの不調に悩む方は益々増えていくと予想されます。

そして、僕はそんな首の症状を改善させる技術・理論を持ち合わせている。

「首の痛み・不調を完全することが、僕の使命だ」

そんな決意で「首の痛み・不調専門家」を名乗るようになりました。

首の改善を通して、皆さまの笑顔を取り戻し、こんな時代でも元気に楽しく生活を送れる手助けをしていきたいと思っています。

 

1枚の1万円に込められた思い

僕とクライアントさんの関係についても話していきたいと思います。

とあるクライアントさんとのお話です。

その方は、強い目まいに悩んでいらっしゃいました。

あまりの目まいの強さに首を動かすことができず、動けないので仕事を休まざるを得ない。時給のお仕事なので、休めば収入がなくなり、非常に困って、当院にご来院されました。

結論から言うと、初回の施術で目まいをほとんど消失させることができました。

そのクライアントさんの喜びは、何者にも代えがたかったに違いありません。

本来であれば、再発を防止する意味でも、その後のメンテナンスが大事になってきます。しかし、施術中に何度も「経済的に厳しい」という言葉を発せられており、2回目のご来院は難しいかなと考えておりました。

しかし、その方は2回目にいらっしゃってくれたのです。

お会計の時に、皺になった一万円札を出していただきました。

その方が一所懸命に働いて稼いだ一万円は、とても暖かかった。

どんな思いで、そのお金を出していただいたか。

言葉にせずとも、最大限の気持ちが伝わってきました。

僕はそのぬくもりを一生忘れることはありません。

常に、そんな思いでクライアントさんと向き合っていきたいと思います。

 

口コミが一人歩きする専門院へ

「首の痛み・不調専門院」として、今までに数多くのクライアントさんのお悩みと向き合い、78.0%の確率で改善させてきました。

現在、さくら整骨院は大森を中心として大田区・品川区の中で「首の症状ならさくら整骨院に行けば間違いない」と話題になっています。

とあるクライアントさんが「紹介」でご来院されました。その「紹介」の内容を伺うと、別のクライアントさんが当院で首の不調を改善され、「すごく良くなった!」というお話を床屋さんで熱弁された。その床屋さんが当院のことを話題にされ、それを聞いて「ぜひ施術を受けたい!」とご連絡をいただきました。

そんなことが無数に起こっているのが、さくら整骨院です。

今や、来院される方は大森に留まらず、東京23区・神奈川県、さらに埼玉県・千葉県など、遠方からわざわざお越しいただく方も珍しくなくなりました。

僕は評判は求めていません。皆さまに頼っていただけること、皆さまのお悩みを解決し、喜んでいただけること。その繰り返しが、自然と当院の評判に繋がっていっただけだと考えています。

当院の評価は、皆さまのお悩みの数に比例しています。首の痛み・不調で、それだけ辛い思いをされている方が、まだまだ世の中にたくさんいらっしゃる。

そんな皆さんを一人でも多く笑顔に変えるべく、これからも努力してまいります。

 

お問合せ・ご相談はこちら

予約制になります

お電話でのお問合せはこちら

03-3772-8787

営業時間:9:00〜19:00

水曜・土曜:9:00~13:00
休業日:曜・祝日

お問合せ・ご相談はこちら

予約制になります

お電話でのお問合せはこちら

03-3772-8787

営業時間:9:00〜19:00

水曜・土曜:9:00~13:00
休業日:曜・祝日

お問合せ・ご予約

お電話でのお問合せはこちら

03-3772-8787

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

LINE予約できます!

LINEなら24時間ご予約オファーが可能です。上記のバナーから5秒で友だち追加!
お得な情報も毎週配信しています。
ただ今、「スマホ首7ステップ改善法」を無料プレゼント中!

INFORMATION

2022/6/01
7月のお休み
7月18日(月祝)12時まで予約可
7月26日(火)12時まで予約可
2022/6/2
ブログを更新しました。
2022/5/26
ブログを更新しました。

院長ごあいさつ

竹井 大介

姿勢に特化した最新の理論と施術で、どこに行っても改善しなかった首の症状を専門に扱っています。お気軽にご相談ください。

アクセス・受付時間

住所

〒143-0023
東京都大田区山王3丁目23-4

アクセス

大森駅西口から徒歩8分

受付時間
 
午前 ×
午後 × × ×

平日9:00~19:00 
水曜・土曜9:00~13:00

定休日

日曜・祝日(祝日は不定期診療あり)